MENU

サプリメントは、携帯に便利でカロリーがないのがメリット

一口にサプリメントといっても、効果によってさまざまです。形状も、錠剤やカプセル、顆粒やドリンクタイプのものまで、バリエーションに富んでいます。サプリメントは、食後に飲むことで、より吸収されやすくなりますが、たとえばクエン酸やビタミンCなどは、スポーツの時に摂ると、クエン酸サイクルを円滑にするので、より効果的です。L-カルニチンのように、牛肉や羊肉に多く含まれるものは、必要な量を食事から摂ろうとすると、かなり高カロリーになるものでも、サプリメントなら、その心配もありません。

サプリメントなら、加齢と共に減少する成分を補える

サプリメントを使うメリットに、毎日の食事では摂取するのが難しい栄養素でも、手軽に補給できるという点があります。L-カルニチンやコンドロイチン、ヒアルロン酸など、加齢と共に、徐々に減少していく栄養素は、毎日の食事でも、なかなか十分な量を摂ることはできません。若いころは、体内に、活性酸素を除去する酵素が十分あっても、それも加齢と共に減少していきます。また、皮下脂肪や内臓脂肪の増加によって、代謝が落ちたり、血管がしなやかさを失ったりすると、さまざまな病気を引き起こします。30代、40代、50代ともなると、ますます健康管理が必要になる反面、食事や運動など、十分なケアをする時間が、思うように取りづらくなる面もあります。

サプリメントで活性酸素を除去して、疲れにくい体づくりをサポート

毎日の疲れが取れにくくなったり、前の晩に飲んだお酒が翌日になっても残ってしまうなど、そんな時は、一時的に、アミノ酸やクエン酸のサプリメントを摂ると、疲れが軽減されたり、二日酔いが早く楽になることがあります。毎日飲むだけでなく、必要に応じて、手軽に取り入れていけるのも、サプリメントのメリットといえるでしょう。