食べるコラーゲンのメリット

食べるコラーゲンのメリット

テレビのコマーシャルなどでコラーゲンを使ったスキンケア商品がたくさん紹介されていますよね
コラーゲンというのはお肌にハリをもたせている成分ですから、小じわが目立ってきたり、お肌のハリがなくなってきたと感じてる人はコラーゲンをお肌に補給してあげることはとても大切です。

コラーゲンコスメは角質層までが限界

そこでお肌のコラーゲン補給として人気を集めているのがコラーゲン配合コスメ、美容液やジェル、石鹸など、コラーゲン配合コスメは今ではたくさん販売されていますよね。
中でも、低分子で吸収率を高めたものが特に人気です。
ですが、いくら低分子でコラーゲンの吸収率を高めていてもお肌から浸透するのは表面の角質層までが限界、と言われています。

食べるコラーゲンなら内側から補給

食べるコラーゲンは体の中からコラーゲンを補給しよう、というものですので、お肌の表面だけでなく内側からコラーゲンを補給できるメリットがあります。
また、コラーゲン不足はお肌の健康だけでなく、髪の毛や骨、歯の老化とも関係が深く、食べるコラーゲンはこれらの健康面でもメリットが発揮できます。

 

もちろんお肌の表面からスキンケア商品を使いコラーゲンを補給してあげるということも大切ですが、それ以上に食べるコラーゲンを使って大切なコラーゲンを摂取したりした方が効根本的にコラーゲン補給ができるのではないか、というわけです。

 

「食べるだけでホントにお肌に効果あるの?」と思われる方も多いと思いますが、うるおい宣言のように吸収率を高めているコラーゲンは食べた翌日にお肌への効果を実感される方も多く、また食べる前と食べた後のお肌のハリ、潤いチェックで顕著な違いが見られるいことからも、食べるコラーゲンはお肌にもしっかりと効果があるといえます。

 

不足してしまっている、しっかりと補給してあげることによって、お肌にハリを持たせてくれるようになります。

 

▼今がチャンス!
終わる前に要チェック!うるおい宣言めちゃ安キャンペーンって?