コラーゲン補給ってなぜ必要?

コラーゲン補給ってなぜ必要?

コラーゲンを補給することはとても大切だと言われますが、どうしてコラーゲンの補給が必要なのでしょうか?
実は、コラーゲンというのは年齢とともに体の中から減少していってしまうからなんです。

コラーゲン不足の影響

普段私たちは特にコラーゲンに気を遣って生活しているわけではないので、コラーゲンが減少してしまったとしても自分で気づくことはないと思います。
コラーゲンが減少してくると、お肌にハリがなくなり、小じわが目立つようになったり、爪が折れやすくなってしまったり、髪の毛の艶がなくなり、パサついてしまう、といったことが起こってきます。
ほかにも、コラーゲンというのはこのように目に付く部分だけへの影響ではなく、体の中では関節と関節のクッションの役割である軟骨の形成などにも役立ちますから、減少してしまうことによって少しの運動で関節痛が起きてしまったりするようになります。
こういった事が起きてからコラーゲンを補給しようと思っても、なかなか効果が現れてこず、辛い症状に悩まされてしまうことになりますからできるだけ早い段階でコラーゲンをしっかりと補給することが大切だといわれています。

吸収率という視点

食品からでもコラーゲンを補給することはできますが、食品に含まれているコラーゲンというのは分子がとても大きいので体に吸収されるコラーゲンはとても少ないと考えられています。
ですから、あえて吸収率を高めているコラーゲンのサプリメントやドリンク、ゼリーなどがアンチエイジング、健康維持の観点からも注目を集めているんです。コラーゲン不足が気になったら、食品からの摂取だけでなく、こういった吸収力が高いとされるサポート食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

▼今がチャンス!
うるおい宣言めちゃ安キャンペーンはもう見た?